結婚できない男 不安

結婚できない男性が抱えている不安

「自分は一生 結婚できないかもしれない」そんな風に不安を抱えている男性はとても多いようです。若い頃は結婚することを夢見ていたという方も、実際に適齢期を迎えてみると「出会いがない」「結婚できる気配がない」など、一生結婚できないのではないかという不安に襲われる方も少なくはありません。30代・40代となると不安はどんどん大きくなっていきます。男性は結婚に対してメリットやデメリットを考えてしまう傾向があるようで、理論的に考え、結婚せずに一生を終える方もいます。お見合いや紹介での結婚が減る中で、自ら出会いや結婚を求めなくてはならないことから消極的になってしまう男性も多いようです。年収を気にして結婚を考えられないという男性もいます。あまり不安になりすぎず、シングルライフを楽しむ心の余裕も必要なのかもしれません。最近では“婚活”という言葉をよく耳にしますが、合コンや婚活パーティーなど出会いの場もたくさん用意されています。ちょっと食事や会話を楽しんでこようかな、という気軽な気持ちで参加してみるのも悪くはありません。恥ずかしがらずに積極的に出会いの場へ出ることで良い出会いのチャンスを掴むことができるのではないでしょうか。また収入を気にして“お金がないから結婚できない”という先入観は捨てましょう。結婚のチャンスを逃してしまう大きな原因のひとつです。


結婚できないどころか、彼女もいない草食男子の多い昨今ですが、それでも、いい人がいれば結婚したい人は多いようです。そこで、婚活などを始める人が多いのですが、そこで不利な男性とは、どのようなタイプなのでしょうか。まず、彼女ができない人と重なる部分もありますが、デブ、チビ、ハゲなどの外見的要因や、不潔な人は、女性と縁遠い人が多いようです。身長がなくてもハンサムだったり、髪の毛が薄くても知的な印象だったりする人のなかには、それなりに異性にもてる人もいるので、悲観せずに清潔な印象を与えるよう心がけましょう。また、プライドが高く、自己中心的な人は、多くの女性に敬遠されます。これは、恋愛に限らず、職場でもうきやすい存在になってしまうので、時々自分を振り返った方がいいかもしれません。結婚といえば、女性は、育児に専念できる環境を求めるものです。年収が少なすぎる人も不利だと言えるでしょう。都市部であれば、ボーナスも含めて、月33万円以下の収入の人は、女性の稼ぎがないと生活できないので、少々難しいかもしれません。キャリア志向の女性を探しましょう。女性にも男性にも言えることですが、理想が高すぎる人は結婚できにくいでしょう。消極的な性格で、自信のない人には、女性は魅力を感じないものです。結婚や家庭に興味がない人は、もっとも結婚できないタイプかもしれませんね。


結婚できない男性の多くは特に精神的に親から自立できていないという点がよくあげられます。特に実家暮らしで日常生活に不自由していない、経済的にも恵まれた親元にいるという方の多くが結婚に対してあまり焦りがないので婚期を逃してしまいがちなのです。また少数派ではありますが、自分で料理や掃除をするのが苦にならないという方もパートナーの必要性が感じられにくいため、結婚に結びつかないことがあるようです。ご自分の足元をきちんと固めるためにも、まずは一人で暮らしてみる経験が大切なようです。
一方で、親が子供に過干渉なために婚期を逃す男性も多いようです。一般的に日本人男性の親御さんは跡取り息子というものを大事にする傾向があるので、どうしても結婚相手にも親御さんの理想が反映されるケースが多いのです。
よくある傾向としては、親御さんが高学歴を重視しているケース、世間体を大事にしているケースなどです。いずれのパターンでも大事にされるのが親御さんの理想や世間体なので、パートナーの心の負担になりがちです。そのことを踏まえた上でパートナーを大切にすることが結婚に結びつく第一歩になります。